THE FUTURE.LAB-フューチャーラボ-

For TOHOKU


ブログ-日々感じたこと-

浦安防災キャンプDECO無事終了

2014.08.06


昨日、浦安市での防災キャンプDECOを無事終了することができました。

今年一の暑さの中、初日の図上災害訓練(DIG)で学んだ市内の地理や防災設備を、生徒たちが実地の避難訓練の中で踏査しながらその位置などを確認しました。また途中の建物や道路、橋などのインフラが災害時にどのような被害が想定されるかについて、時にその施設の専門家のご説明などもいただきながら、様々な観点から考察し、またその結果を本部に報告もしてくれました。

生徒たちは、途中のルートや救護所などで予期せぬ傷病者や災害弱者との遭遇などのタスクにも直面しましたが、前日のファーストエイド講習や医療サポーター講習で学んだ傷病者への対応スキルや心構えを、各班メンバー間で相談しながらしっかり実践もしてくれました。

1月下旬の浦安市長へのご提案から半年程度の短期日の中で、ここまで準備ができましたこと、浦安市の市長、教育長、危機管理監を始めとする同市関係者の皆様にまず御礼を申し上げます。

またNPOサイドにスタッフとして参加して下さった、救急や災害医療に関わる医療専門家の皆様、建物の倒壊度や延焼度、地質や時間帯別人口動態などのビッグデータを解析してデジタルマップを使ったシミュレーション教材を提供して下さった東大柴崎研の皆様、DIGのワークショップやiPadの使い方などについて中学生のみんなに丁寧に教えて下さった古橋大地さん、田村賢哉理事長始め伊能社中の皆さん、初日のDIGの応用であるすごい災害対応訓練のタスクなどをiPadを通じて配信するアプリケーションを開発して下さったCode for Japanの関治之さん率いるアプリチームの皆さん、そしてわがフューチャー・ラボのメンバーの皆さん、ここまで多様で専門性の高い学習要素をなんとかひとつの研修プログラムに落とし込むことができましたのも、ひとえに皆様の高い能力と人間性、そして情熱の賜物と痛感しております。改めましてこの場を通じて感謝申し上げます。

人と人の偶然の出会いなども含めて、デジタルとアナログ、統一性と多様性を統合しながらゼロから構築してきたこのDECOというチャレンジはまだ始まったばかり。素晴らしい成果と至らぬ点を共に虚心に受け止め、さらなるブラッシュアップを目指して引き続きDECOチームとして取り組んで参ります。

ご関心をもっていただいた多くの皆様との次なるDECOの実施に向け、準備はいつでもOKです。各地で一緒にDECOを開催してくれるDECO仲間の出現を心待ちにしております。どうぞお気軽にお声掛け下さい。有難うございました。

 

10570443_274453866093375_9138159012619882902_n 10421615_274513399420755_8806795896075656485_n 10413422_274573289414766_5123329229185394984_n 11273_274513429420752_510377440498202637_n 10408574_274747556064006_6573687228360022048_n 10368273_274760566062705_6586769069120270392_n 10557363_274513379420757_6697762946752705938_n

PAGE TOP

Copyright © The Future Lab. All Rights Reserved.